トップ / 親子の理想的な暮らし方

親子の理想的な暮らし方

二世帯での暮らし

親子それぞれの暮らしとスタイル

相続税の問題などで、親子が一緒に暮らし、二世帯住宅を考える家が増えてきています。しかし、お金の問題ではかたづけられない親世代、子世代の暮らし方の違いがそこにあります。長年のスタイルを変えるということは、親世代にとってかなりの精神的負担、肉体的負担がかかります。親子の一番理想的な暮らし方は、やはりスープの冷めない距離。親に何かあったときにはすぐに駆けつけられる距離に子供が住んでやることです。親子それぞれの生活スタイルが保てますし、お互いに干渉しないために喧嘩もありません。近くに子供世帯が住んでいるだけで安心感もあります。

自分のスタイルに合った生活

日々の暮らしを楽しむには自分の生活スタイルに合った趣味を見つけることが一番です。趣味を見つけると言っても学校に通うなどの本格的なことは必要ありません。無理矢理お金を使うのではなく、料理本を見ながら料理を極めたり、ティータイムはいつもと違ったお茶を購入して飲み物を楽しむだけでも暮らしが楽しくなります。部屋の模様替えをしていつも違った雰囲気にするだけでも気分が変わります。また、自分磨きをするなら入浴タイムを充実させることもおすすめです。いつもと違った入浴剤を使ったり、半身浴をしてじっくり汗を流せば肌の変化も感じられます。

↑PAGE TOP