トップ / 葬儀について考えること

葬儀について考えること

基本の葬儀の流れとは

葬儀でのあいさつの仕方

葬儀であいさつをするのは主に受付をする時と、お焼香の際遺族に向けての時があります。仏教では一般にご愁傷さまですという言葉を使用しますが、宗派によっても違うことがありキリスト教でも言い方が違います。そのような時はどの宗教宗派でも使用できる、お寂しいですね、などの言葉に置き換えるようにします。葬儀のお焼香の際は遺族に対して特に言葉がけをしなくても良いですが、かるく会釈をするようにします。その際親しい方ならば力になるから、など励ます言葉を添えても良いでしょう。

↑PAGE TOP